2007年07月27日

税金、新潟地震のドタバタ

1千400億円かかることになる。相手が売らないなら、買わないまでだが、こんなところに金を使うなら、我々の税金を災害対策に使ってもらいたいものだ。

店の広報担当者は「彼は『とにかく酒を切らさないでくれ』といいました」と語った。店を出るときの勘定は税金とサービス料を含めて10万5805ポンド28ペンスになっていたという。



税金とは
租税(そぜい)・税(ぜい)とは、公共部門(国や地方公共団体など)が、公共サービスを実施するための原資として、民間(住民や法人など)から徴収する金銭その他の財貨・サービスである。
また、税制(ぜいせい)は租税制度を指す用語である。


退職・転職の「年金・保険・税金」がわかる本(〔2007年〕)退職・転職の「年金・保険・税金」がわかる本(〔2007年〕)
中途退職も定年退職もこれ一冊で完全マスター 著者:新村健生出版社:成美堂出版サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)年金・保険・税金に関する退職時の面倒な手続きが簡単にわかる!最新の法改正に対応したわかりやすい解説。【目次】(「BOOK」データベースより)1 やめる前にこれだけはチェックしておきたい13のポイント(頼れるのは自分だけ。会社はノータッチ/中途退職者の注目情報?退職したあとの社内預金は早めに返還してもらう ほか)/2 1日の違いが大きな差を生む雇用保険のしくみ(失業したらすぐハローワークで手続きを/求職は失業給付を受けるための大切な条件 ほか)/3 年金額をしっかり把握 公的年金の受け取り方(年金を受給するためには25年の加入期間が必要/受給資格期間が足りない人には特例あり ほか)/4 よく考えたい国保が得か任意継続が得か?(退職後の医療保険の選択肢は6つある/健康保険に2か月以上加入していれば任意継続が可能 ほか)/5 知識を生かして大切なお金を守ろう 税金と確定申告の基本(退職月によっては住民税はまとめて払う/退職した年は確定申告で税金を取り戻す ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)新村健生(ニイムラタテオ)昭和33年生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、株式会社ダイエーに勤務。平成3年、同社を退職。社会保険労務士資格を取得。平成4年、新村社会保険労務士事務所を開設。現在、株式会社りそな総合研究所相談室顧問を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 高齢化・社会保障




posted by パートする at 10:21| パートの税金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。